まつだ眼科形成外科|東京都狛江市

眼科一般診療をはじめ、まぶたや涙目に対する高度な治療を行います。

topimage

HOME ≫ ブログ ≫

ブログページ

眼形成におけるエビデンスとは?

IMG_3577

医療行為をおこなう上でエビデンス(科学的根拠)の有無やその信頼度は学会発表や日常診療の場面においても重要視されています。医療におけるエビデンスは日々発行されている医学論文によって日々形成されていくのですが、論文にはどのような内容が書かれているか、皆さんご存知でしょうか?

論文には様々な形態があるものの、基本的構造は皆、概ね同様であり、ある行為と行為を比較するなかでその優劣を論じる内容になっています。比較をするためには、比較される対象が同様の指標で表される必要があり、さらに言えば、できれば”有り・無し”といった定性的な指標ではなく、定量的な数値であるほうが比較をする上で優劣の判定が容易であるといえます。

眼科では目の構造や機能を調べる検査機器の発展がめざましく、以前は定性的な評価がメインであった時代から、今は定量的な測定が当たり前の時代になりました。視力や眼圧(目の内圧)、角膜や網膜の詳細な数値データが容易に得られ、それらを用いた論文が数多く作られています。

しかし、こと眼形成においては、比較対象の定量化に関してとても弱い側面があります。その理由は、まぶたの善し悪しを評価する上での括弧たる定量的指標がないからです。まぶたは高さだけでなく、そのカーブ形状であったり、二重幅の均一性、引いては個人の美的センスによっても良し悪しの評価は変わるものであると思います。

そのため、眼形成はエビデンスが作られにくい分野であり、医師個人の経験やセンス(?)といったものが学会などで未だに発表されているといった現状があります。もちろん、そういったものを否定する訳ではありませんし、豊富な経験に基づいた知見は医学の発展に不可欠なものといえます。しかし、それのみでは眼形成は眼科領域の中でニッチな分野のまま、取り残されていってしまう、そんな気がするのです。

医学はあくまでもサイエンスであり、眼形成分野でも医師個人の経験だけでなくエビデンスに基づいた議論をし合える土壌が出来てくると良いなと思っています。

2020年12月12日 00:21

眼形成はどこまでを治療対象とするか?

IMG_3571

前回は"眼形成'という医療用語の説明をしました。今回は眼形成における治療対象とは何か、について書いてみたいと思います。

知り合いの眼科ドクターから、"眼形成ではどこまでを治療できるの?"といった質問をいただくことがしばしばあります。一般眼科診療における眼形成の位置づけはまだまだニッチな領域と言わざるを得ない状況です。このような質問に対しては、自分はいつも、”目の機能を守るための形成治療なら何でもします”、と答えるようにしています。
あまりに漠然とした答えだ、と思われるのも無理はないかと思いますが、眼形成はここからここまでといった治療対象についての明確な線引きが無い領域であることに起因します。

例をあげますと、重度の逆さまつげの方に対して、耳などから軟骨を採取してまぶたの土台に利用したりします。また、下腹部から脂肪を採取して、まぶたの癒着の解除や眼球の円滑な動きを促すといった目的で眼球周囲に脂肪移植をしたりすることもあります。つまり眼表面の環境を整えるため、目周りだけでなく全身が手術対象である、といった特徴があります。

そのため、眼形成の専門医には眼科や形成外科、耳鼻科、脳外科の手術手技のみならず、腫瘍内科、放射線科、病理などの知識も時として必要になります。海外では、まぶたの美容外科手術も眼形成専門の医師がメインでおこなっています。そのため、眼科のみの知識だけではとても対応することは出来ません。科の枠組みを超えたスキルが時に要求されます。日々、勉強が必要なわけですね。

当院もこれまで同様、常に最先端の知識や技術に触れて、”目の機能を守るための形成治療”を引き続き多くの皆様に提供していきたいと思っています。

 

2020年12月02日 20:59

眼形成という医療用語はご存知でしょうか?

IMG_3570

眼形成という医療用語をご存知でしょうか?

眼形成とは、眼瞼(まぶた)や涙道(涙の通り道)といった目周りの器官に生じた加齢変化や病気を扱う分野のことを指します。眼科は様々な専門領域に細分化されていますが、眼形成はそのうちの一つになります。つまり、眼科の領域になりますので、当然、眼に関する知識を有した医師(眼科医)がまぶたの形成外科的手術や涙道の手術を行います。

眼形成を専門とする医師を眼形成外科医と呼びます。しかし、その名称は世間一般にはあまり広まっているとは言えません。現在、国内における眼科と形成外科、それぞれ専門医の数はおよそ13000名と3500名おりますが、眼科と形成外科の融合である眼形成を専門とする医師が国内では非常に少ないといった現状があるためです。それはなぜでしょうか?

眼科では従来より、久しく白内障手術や硝子体手術といった内眼手術(眼の中の手術)の発展がめざましく、眼科医は眼球自体を切開することに全く抵抗はありません。しかしその反面、目周りの手術である外眼手術は一般的に敬遠される傾向にあり、皮膚を切ることに抵抗を感じる若手の医師が増えています。一方、形成外科では皮膚を切開することに慣れた医師が多いとはいえ、眼に関する知識やまぶたと接する眼表面の詳細な診察はできません

眼とまぶた(の裏側)には接触するポイントがあり、そこの接触圧が適切なレベルに維持されることは健全な眼表面を保つうえで非常に大切です。手術後などで接触圧が過度に変化すると、スムーズなまぶたの開け締め、いわゆる”健全な瞬き”が出来なくなり、異物感やドライアイといった術後トラブルを招くことになってしまいます。以上より、まぶた治療では眼表面に対する配慮が不可欠といえます。

”まぶたの手術は眼科もしくは形成外科のどちらで受けるのが良いか?”といった質問を頂くことがありますが、個人的な意見としては、眼についての深い知識と高いレベルの形成手術を融合した”眼形成外科医による眼に優しい形成手術”が、機能面と整容面におけるベストな選択肢であると思います。

私自身、長く眼形成診療をしておりますと、まぶたや涙道の疾患で悩みながらも、適切なアドバイスや治療法があることを知らされずに途方に暮れている方によく出会います。眼科と形成外科、異なる2つの科の間には大きな開きがあり、その隙間に落ちてしまった方々に正しい情報を提供していきたいと思っています。眼形成のことを広く皆さんに知ってもらいたい、それが私の願いです。

2020年11月30日 18:29

まつだ眼科形成外科のホームページを公開しました。

13219900127419
まつだ眼科形成外科のホームページを公開しました。
ここでは、眼形成についてのよもやま話しを中心に書いていきたいと思っています。
何卒よろしくお願いいたします。
2020年07月10日 09:00
診療時間
 
AM - 手術 -
PM 手術 - 手術 手術 - -
9:00~12:00/14:30~17:30
「●」は9:00~13:00
休診日:水・日・祝日
受付開始は診療開始15分前から、受付終了は診療終了15分前まで。
眼鏡・学校検診は事前にお電話でのご予約が必要となります。
03-5761-4406
ご予約はこちら
東京都狛江市和泉本町4-2-13 SANTE SAKAE 102

サイドメニュー