まつだ眼科形成外科|東京都狛江市

眼科一般診療をはじめ、まぶたや涙目に対する高度な治療を行います。

topimage

HOMEブログ ≫ 埋没法(二重手術)でまぶたの重みが解消されない例 ① ≫

埋没法(二重手術)でまぶたの重みが解消されない例 ①

プレゼンテーション2
上:術前 下:術後1週

まぶたの重みのお悩みでご来院された20代女性の例です。
この方は以前、他院でまぶたの重みに対して、埋没法によるふたえ手術を受けたことがあるとのこと。手術直後の状態の詳細は不明ですが、現時点で言えることとして、目を開けた際のふたえの陥凹がすでに浅くなっており、この状態ではまぶたの重みを解消させる効果は期待できません。総じて、埋没糸のみでは永続的な効果を出すのは難しいといえます。

そこで、当院では切開法で対応させていただきました。術後1週の時点で、目の開きやまつ毛の向きが良好となり、目を閉じた際の陥凹も目立たないのがお分かり頂けます。切開法ですので、重みの解消効果についても永続性が期待できます。ご本人から、術後に目を開けるのが軽くなって、とても楽になりましたと喜んでいただけました。

当院で行う手技では、目元を変えるのではなく、その人らしい雰囲気を維持した自然な二重まぶたを再現できるよう心掛けております。
埋没法後の経過が思わしくない方などいらっしゃいましたら是非一度ご相談ください。

#写真使用にはご本人の許可を得ております。

想定される合併症:眼異物感、皮膚のたるみ、再発
費用(保険適応の場合):片側 1割負担 7200円  3割負担 21600円
2021年10月02日 17:55
診療時間
 
AM - -
PM - - -
9:00~12:00/14:30~17:30
「●」は9:00~13:00
休診日:水・日・祝日
受付開始は診療開始15分前から、受付終了は診療終了15分前まで。
眼鏡・学校検診は事前にお電話でのご予約が必要となります。
03-5761-4406
ご予約はこちら
東京都狛江市和泉本町4-2-13 SANTE SAKAE 102

サイドメニュー