まつだ眼科形成外科|東京都狛江市

眼科一般診療をはじめ、まぶたや涙目に対する高度な治療を行います。

topimage

HOMEブログ ≫ 切らない眼瞼下垂手術の欠点とは? ≫

切らない眼瞼下垂手術の欠点とは?

IMG_5082

前回・前々回と登場した経結膜挙筋腱膜タッキング法に関して、今回はそのデメリットとそれへの対策について書いてみようと思います。前回記載したメリットと対比しながら読んで頂ければ幸いです。それではいきましょう。

① 皮膚切除が出来ない

② 矯正程度の微調整がやや難しい

③ 角膜障害の可能性

まず、①は私が本術式についての発表をするたびに必ず頂く指摘事項です。経皮膚法の場合、下垂手術(まぶたを挙げる)と同時に余剰な皮膚切除がしばしば行われます。一方で、経結膜法では皮膚だけでなく、まぶたの中にある脂肪や軟部組織の切除も基本的には難しいと思われます。経結膜法に皮膚切除を併施することは可能ですが、その場合、皮膚面に傷を付けない点や短い手術所要時間といった経結膜法特有のメリットが損なわれてしまうことになります。

しかし、あまり知られてはいない事実として、経皮膚法で下垂手術と皮膚切除を同時に行う行為は、ややリスクを伴う点も知っておく必要があります。

以前お話したように、重瞼幅は整容面での印象を決める大事な要素になります。下垂の矯正が強い場合(まぶたが予定よりも挙がった)、重瞼幅は狭くなりますし、矯正が弱い場合(まぶたが予定ほど挙がらなかった)、重瞼幅は広くなります。一方、皮膚切除量が少ないと重瞼幅は狭くなり、皮膚切除量が多いと重瞼幅は広くなる傾向にあります。つまり、まぶたの挙がり具合と皮膚の切除量は重瞼幅に対して相互に影響し合います。前回の記事で、”経皮膚法では術中定量と術後結果の相違が問題になりやすい”ことを書きました。従って、経皮膚法で下垂手術と皮膚切除を同時に(=一期的に)行うことは、術後の重瞼幅を予測する観点からは、ややリスクの高い行為であるといえます。もし希望どおりの重瞼幅としたい場合、下垂手術後に腫れが引きまぶたの高さが決定したあとに、二期的に皮膚切除を行うと良いと思います。

経結膜法では術中定量との相違が少ない利点があります。したがって、まず下垂矯正後、適切な皮膚切除量をその場で見積もり皮膚切除を併施する方法は、重瞼幅の予測の点からはむしろメリットになりえます。皮膚切除との同時手術は、整容面においては経結膜法に軍配が上がるのではないでしょうか。

②についてですが、術者側の手技的な問題になります。眼瞼下垂の手術では希望通りのまぶたの高さになるまで、筋への通糸部位を前後方向にずらして調整します。本術式は、10mm程度の狭い術野であり、まぶたの裏側からの作業であることから、微調整は経皮膚法よりもやや難しい作業といえます。術野を横方向に広げることで作業は容易にはなると思うのですが、その場合、生理的なまぶたのカーブ形状を出すために固定点を増やすなどの必要がでてくるかと思います。術野の状態と手術手技にある程度の慣れが必要かと思います。

③ 結膜面と眼表面は接しているため、結膜面を切開する方法では眼表面を傷害するリスクがある点を念頭に置く必要があります。まぶたは挙がっても、術後にゴロゴロ痛みがある状態では、眼を守るべき眼科医としては最も避けるべき合併症といえます。

ただし、この合併症を未然に防ぐことは可能です。角膜障害が生じるパターンは決まっており、切開部位が不適切な場合縫合処理が適切でない場合の2点に分けられます。切開部位は瞼板よりも上方の結膜面として、瞼板を切開しないように注意します。縫合部位は瞼板上端ではなく腱板の前面に置くとともに縫合部がほどけない程度に短く糸切りを行います。この2点をしっかりと守ることで、角膜障害を可及的に防ぐことができます。

以上、私が考え得る点とその対策について説明してきました。こんな点もまだまだあるのでは??といったご意見がありましたら是非ご指摘頂けましたら幸いです。

2021年03月12日 17:52

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 
診療時間
 
AM - -
PM - - -
9:00~12:00/14:30~17:30
「●」は9:00~13:00
休診日:水・日・祝日
受付開始は診療開始15分前から、受付終了は診療終了15分前まで。
眼鏡・コンタクトレンズ作成・学校検診は事前にお電話でのご予約が必要となります。
03-5761-4406
ご予約はこちら
東京都狛江市和泉本町4-2-13 SANTE SAKAE 102

サイドメニュー